統計学

医学部学士編入においては、統計学分野が鹿児島大、滋賀医科大学、旭川医科大学といった大学で出題されており、対策は必須です。統計学は個人的にはとても苦手な分野であり、どのように勉強すれば良いか分からず、受験時に非常に苦労しました。同じような気持ちの受験生も多いのではないかと思います。教材も適切なものが見当たらなかったため、解説と問題集を作ることにしました。当サイトの以下の項目の内容を全て理解すれば、医学部学士編入試験で出題される統計学の問題に関しては、ほぼ対応できるように作っています。また、一般の医学部入試においても、今後は統計学の分野を重視する傾向にあり、特にセンター試験数学ⅡBの分野においては選択問題として、「確率分布と統計的な推測」の範囲が存在します。この分野は他の分野よりも得点し易い傾向にあるため、高得点が必須となる医学部入試において、この分野を学習しておくことは非常に有利に働きます。

統計学を出題する大学

旭川医科大学、秋田大学、富山大学、新潟大学、東京医科歯科大学、筑波大学、滋賀医科大学、名古屋大学、高知大学、愛媛大学、山口大学、琉球大学となっています。しかし、医学部入学後も統計学の知識は必須であり、今のうちに学習しておくことはプラスになります。また、上記に加えてセンター試験ⅡBの「確率分布と統計的な推測」の範囲での出題があります。

統計学検定2級レベルのマスターが目標

当サイトでは、センター試験、そして医学部学士編入試験の統計学分野をマスターすることを目標としていますが、そのレベルは統計学検定2級のレベルが最適な演習レベルとなっています。そのため、具体的な問題演習を行いたい場合には、統計学検定2級の問題集で演習することをお勧めします。

日本統計学会公式認定 統計検定 2級 公式問題集[2016〜2018年]

テーマ別解説と問題集

名義尺度 順位尺度 間隔尺度 比例尺度
箱ひげ図 四分位数
平均 分散 最頻値 中央値
変動係数
母集団の点推定 不偏分散 定義編
母集団の点推定 問題編
不偏推定量
中心極限定理 その1
中心極限定理 その2
離散型確率変数
連続型確率変数
期待値と分散の公式 〜離散型と連続型での公式証明〜
二項分布 その1
二項分布 その2
標準化 偏差値の定義
正規分布 標準正規分布〜標準化変数〜
ベイズの定理 解説編
ベイズの定理 問題編
母平均の区間推定 解説編
母平均の区間推定 問題編
母比率の区間推定
母平均の検定
母比率の検定
分散の区間推定
母分散の検定
カイ乗検定
感度 特異度 【定義編】
感度 特異度 【問題編】
相対危険度 寄与危険度 オッズ比
偽陰性率 偽陽性率
検査前確率(有病率) 検査後確率(陽性的中率)
検査前オッズ 検査後オッズ
尤度比
ROC曲線
生存時間解析 カプランマイヤー法
統計学総合演習問題1
統計学総合演習問題2