生化学

生化学

生体物質の前駆体としてのアミノ酸利用

アミノ酸は多くの生命物質の前駆体として利用されているため、各アミノ酸を思い浮かべたら、同時にそこから派生する生体物質を想起できるようにしておく必要があります。ここではチロシン、ヒスチジン、トリプトファン、グリシン、メチオニン、グルタミン酸に...
生化学

アミノ酸代謝について

糖代謝が理解できたら、アミノ酸の代謝も理解しておきたいところ。この分野は時々出題されるみたいで、かつ知っていれば解けるはず。ただ化合物名だけをただひたすら暗記していくのには限界があるし、構造式はできる限り描ける方がいいと思います。 アミノ...
生化学

オルニチン回路

オルニチン回路(Ornithine cycle)もしくは尿素回路は、アミノ酸の代謝において非常に重要です。医学部学士編入の生命科学試験では、回路途中の化合物名を問われることもあります。僕は覚えても覚えても忘れてしまうので、自分勝手なゴロを作...
生化学

オートファジー

2016年に東京工業大の大隅良典先生は、細胞自身が不要なたんぱく質を分解する仕組み『オートファジー』を分子レベルで解明し、ノーベル医学生理学賞を受賞した。このこともあり、オートファジーに関する知識は医学部学士編入試験の生命科学では、2017...
スポンサーリンク